FC2ブログ

「☆パグふぐ☆番外編」(中国出入国体験談)

2009年・2008年上海での狂犬病抗体検査。2005年国慶節・2006年旧正月の日本への一時帰国の、中国出入国体験談。

2019-08

血清を取りました。

2009年1月18日(日)。
ふぐ、4回目の血清を取ってきました。
(申普医院が引っ越してからは、初の血清採取!)

持参したものは、
①「RIAS」の申請書。
②パスポートのコピー。2枚
③チケットのコピー。  2枚
④「寵物健康証書」
 (申普からもらった、
  今までの狂犬病のスケジュールが記録されてる、手帳)
⑤現在有効な「狂犬病抗体値検査証明書」
 (マイクロチップをインプラントした日にちが書いてあります)
⑥小さいクーラーバックと保冷剤。



まずは、受付に行って「血清を取りに来た」というと、
「2階に行け!」ということで、初めて2階に行きました。

今回血清を取ってくれたのは、若い男性の先生でしたが、
その先生もだいぶ慣れてるようで、特に問題はありませんでした。

先生が、ふぐを抱えて、もう一人の先生が採血しました。
ふぐは、特に嫌がらず、「神妙な顔つきで」採血。

(が、採血が終わって、ダンナに抱っこされたら、
 なんか、不満げでしたが・・・。)

血清を入れる容器ですが、前回は「JNWCS」の会員の方から
譲っていただいたものを使いましたが、
今回は、申普医院から出してもらいました。

血清が出来るまで、RIASの申請書に記入をしてもらいました。

先生の書類記入後、
最後に、「書類に記載ミスがないか確認して」と言われたので、
マイクロチップ番号など、記入ミスがないか、
声に出して何度も確認!!

「ミスがなかったら、ここにサイン」と言われ、書類にサインしました。

日本への出発の日が1月25日なので、
その二日前の23日に、衛生証明書を取りに行きます。
(朝10時以降だったらOKといわれました)

その後、受付で480元を支払い、発票を受け取って、終わり。
(発票は、後日、衛生証明書を取りに行く時に持参します)

サプリも一応勧められましたが、もちろん断りました。


そして、翌日には、RIASに、ネットで検査料金を振り込み。

後は、衛生証明書に記入ミスがないか、
受け取るまでちょっと心配です・・・。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://8929bangai.blog113.fc2.com/tb.php/6-b7f8cd3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

 

プロフィール

shanghai☆89

Author:shanghai☆89
なんちゃってパグの「ふぐ」。
2001年1月3日
 上海で生まれる。
 性別:♂(オカマちゃん)
2005年5月~
 上海へ里帰り中・・・!
 現在7歳のふぐです!

「上海わんちゃん倶楽部」、
「上海にゃんわんクラブ」会員です!
---------------------
2009年1月 
 狂犬病抗体検査
2007年7月 
 狂犬病抗体検査

2006年旧正月・
2005年国慶節の一時帰国の、中国出入国体験談。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する