FC2ブログ

「☆パグふぐ☆番外編」(中国出入国体験談)

2009年・2008年上海での狂犬病抗体検査。2005年国慶節・2006年旧正月の日本への一時帰国の、中国出入国体験談。

2019-09

血清を取りに申普医院へ!!

2007年7月14日(土)。
申普医院に、血清を取りに行ってきました。

必要書類は、
マイクロチップインプラント時の書類、2枚
飛行機のチケットのコピー、2枚、
パスポートのコピー、2枚、
狂犬病を注射した確認書類(手帳のコピー)、2枚。
RIAS指定の申込書。

血清を入れる容器は、友人からいただいたのが
あったので、持参しました。
血清を持ち帰るための、小さい保冷バックなども持参しました。


今回の先生は、女性で、
「血清を取りに来た」というと、
手馴れたもので、この書類はあるか?あれは持ってきたか?と
スムーズでした。
それと、登録許可証の提示を求められました。

ふぐは、こちらの病院では、下を歩かせないようにしたり、
診察台にも乗せません。(清潔か確信がもてないので・・・)
病院に来るのは、注射を受ける時くらいですが、
いつも主人のヒザの上で打ってもらってます。
今回の採血も、主人が抱っこして右腕から血を取りました。


血液は、どれくらい取ったでしょうか!?
10㏄~20㏄くらい?かな???

採血開始から、血清が手元に来るまでは、
だいたい20分くらいでした。
(ふぐ家から、行って帰って1時間と言う感じでした)

採血後、
「今日は血を一杯取ったから、サプリをあげたほうがいい」と言われました。
そのサプリを見せてもらいましたが、
アメリカ製(英語で書いてありました)のサプリで120元。

ふぐは、日本で血清を2回とったことがありますが、
一度も、そんなことを言われたことがなかったので、
「要らない!」と断りました。

それと、1週間お風呂に入っても駄目と言われました。

支払いは、400元とちょっと。
確か、430元とか?忘れてしまいました・・・。
と言うのも、実際に支払った額と、
領収書の金額が違うんです・・・。
(領収書の方が、金額が高い・・・。)

出発日が、2007年7月21日(土)なので、
衛生証明書は、その2日前の19日(木)の10時以降に、
取りに来てと言われました。
その際、領収書が必要です。

血清採取後、「血清は冷蔵庫に入れておけ」と
何度も言われましたが、
血清を持って日本に帰るのが、1週間後と言うこともあり、
RIASから、冷凍保存と言われていたので、冷凍庫へ。


«  | HOME | 

 

プロフィール

shanghai☆89

Author:shanghai☆89
なんちゃってパグの「ふぐ」。
2001年1月3日
 上海で生まれる。
 性別:♂(オカマちゃん)
2005年5月~
 上海へ里帰り中・・・!
 現在7歳のふぐです!

「上海わんちゃん倶楽部」、
「上海にゃんわんクラブ」会員です!
---------------------
2009年1月 
 狂犬病抗体検査
2007年7月 
 狂犬病抗体検査

2006年旧正月・
2005年国慶節の一時帰国の、中国出入国体験談。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する